読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えぶきち学園

いい大人がいい大人とは思えないことをいう

トイレの臭いを消す方法

私のトイレの後の臭いたるや、リア充の男子を殺すレベルである。以前の記事を置いておくので、時間に余裕のある方は私の心に秘められたトイレへの尋常でない思いと、うんこと言いたいだけの三十路男の恥ずかしさを堪能してもらえればと思う。

 

私の命を奪ってきたトイレ問題を振り返る - えぶきち学園

 

さて、役に立つ情報をお届けすることになった当ブログ。本日お届けする情報はトイレの臭いを一瞬で取り去る方法である。

これもBOOKOFFで仕入れた情報だ。

決してうんこスペース臭い消しとかで検索したわけではない。

 

トイレの臭いはマッチを一本すると消える。

 

 

何を言ってるかわからねえと思うが、そこは安心のBOOKOFF、きちんと根拠も提示してくれている。

 

マッチ中の燐成分がガスを燃やして、消臭効果を発揮するのだ。

 

「するのだ」ではない。中学の理科の思い出は教員の頭が禿げ上がっていることくらい、高校に至っては理系という言葉を聞くだけで二日酔いでもないのに吐気を催していたこちらは目が点である。

まず燐ってなんだろうか。成分といわれるくらいなので、おそらくは元素記号とかに正体が隠されているのだろう。

元素記号についての知識は「すいへいりーべー」くらいな私なので不安だったが「りー」が思いの外早く出てきたので解決した。

いや、解決じゃなかった。「りー」が燐だからなんなのだろう。

(恥ずかしい注釈 りーって燐のことじゃなくてリチウムのことだった)

 

toilet

 

もはやヒントはない。

 

燐はりーではないがとりあえずマッチと密接な関係にあり、マッチが燃えると燐も燃える。これだけは確かだろう。

そしてその際にガスも一緒に燃える。行間を読める男キムラの予想だと、ガスに臭いの原因が凝縮されている。そしてそれが燃えるので臭いも消えると、このような仕組みなのだろう。

 

私のことを医者か博士と勘違いする人もいるかもしれないが、それは仕方ない。こんな真実にたどり着いてしまう人間が数字を見て嘔吐するなど、とても信じられないだろう。

許してほしい、トイレに関する事だと、私のIQは246にまで上がるのだ。受験が全てトイレで行われるのであれば、今頃私は東大卒かもしれないし、北鎌倉の豪邸で退屈凌ぎに殺人事件の推理でもしているかもしれない。

 

この世の真理に辿り着いてしまった私は、過去の過ちを犯さぬよう、会社のトイレでマッチを擦る。

突然の火災報知器の反応とスプリンクラーの発動。臭い以上の存在感を発揮することとなる。

 

私なりのサラリーマンという生き方

私は自分でいうのもなんだがサラリーマンである。営業職ではなく、外部の人と会うこともすくないので、世間一般にいうサラリーマン、新橋でウロウロしている企業戦士のようなスーツというコスチュームに身を包んではいない。

 

Suited neighbor


ジーンズにシャツやパーカー、だいたい足元はスニーカー。こんな格好で出社している。着ている服の多くは学生時代に買ったもので、物持ちの良さに我ながらアッパレである。

とはいえ10年も前に買った衣服を着るというのは、物持ちの問題以前に人として、社会人としてどうなのだろうという思いもしなくない。よくよく見ると物持ちがいいと思いこんでいたシャツは、ヨレヨレ感満載で、田舎の母親が見たら雑巾にしたくてたまらなくなりそうな風合いすらでている。

 

そんなんだから、会社でも浪人生みたいとか、フリーター家を出る、とか言われる。

 

意外に思われるかもしれないが、外見は浪人生でも社会人たるものきちんと(クビにならない程度には)働いている。

 時には怒られ、またある時は怒られ。挙げ句の果てには怒られ、最終的に怒られる毎日を送っている。

昨日なんて社内がやたらとトランプトランプと盛り上がっていたので、どこかで賭けトランプなんていういかがわしい行為が行われているのではと血眼で探してみたが、何のことはない、どっか海外の大統領の話だった。

せっかく人の悪事をバラして褒められようと思っていたのに、自らの社会問題に向ける視線の意識の低さだけが露呈した結果になった。

 

アフター5はといえば、社交性の塊である営業マンなどは夜な夜なクラブに繰り出しては楽しい思いをしているのかもしれないが、人混みより便所の落書きが好きな私なぞは、暇そうなそこらの同僚と1ミリも生産性のない話(裸で寝ていてヤルかどうかが可愛いの基準だとか、将来は海賊王になりたいとか)を酒の肴に繰り広げる。

たまには時事問題など語り合おうとしても、いつの間にかトランプとUNOの違い(枚数が多い、UNOって言わないとものすごい形相で(クリントンに)バカにされる)にすり替わっている。

 

f:id:evkitty:20161109221504j:image

 

服装問わずバカな浪人生かフリーターである。

大人になってから読むと変に切ない漫画紹介

長いこと沈黙を守っている間、ただ黙ってドラフトにかかるのを待っていたわけではない。私にも(人に言えない)趣味みたいなものがあり、それに興じていたところも大きい。

これまでの意味の分からない文書を垂れ流すよりも、もっと有益な情報を発信していこうという私の決意に基づき、私の知識の一部を共有したいと思う。一部ネタバレもあるのでそのへんはご留意いただきたい。

 

Reading

 

さて、今回ご紹介する私の高尚な趣味の一つが漫画、マンガである。近所にBOOKOFFがあるのをいいことに、休みには図書館に通う受験生のようにBOOKOFFした。

BOOKOFFにコーヒーとソファがあるといいのになと思ったのだが、迷惑になるのでクッションを持ち込んだ。そんな私が読んだ本を紹介する。

 

あねどきっ

あねどきっ コミック 1-3巻セット (ジャンプコミックス)

 

 

 

私が高校生だったころに少年ジャンプで連載していた『いちご100%』の作者・河下水希の作品である。お色気を売りにした10代の男女の恋愛漫画である。

 

少年漫画雑誌に掲載されるギリギリのエロスというのはこの程度かと、30超えた老体にしてみれば思うのだけれど、それでも今の男子中学生は本屋で買うのをためらったり前屈みになったりするのだろうか。エロス目的に読もうとすると若かりし頃に思いをはせて甘酸っぱくなるし、恋愛漫画として読もうとすると、やっぱり甘酸っぱくなる。総括すると酸味強目のスイーツみたいな感じ。

 

少年漫画ではお決まりなのは重々承知なのだが、いい感じになると邪魔が入る、本命とは別のいい感じの異性が現れる、結局セックスしない、女子がやたらと可愛いかったり、エロい。お泊りに、プールにイベントが盛りだくさん。

 

思春期真っ只中の自分はどんな気持ちで読んでたんだろう。羨ましいだとか、こんなことあったらなぁとか、そんな感情だったのだろうか。

 

30過ぎると自分の子供がこんなんだったらどうしようって目線で見始めてることに気付いた。自分の子供が頭ん中真っピンクで、エロいことしか考えてなかったらどうしよう。意味不明に様々なタイプの異性からモテたらどうしよう。前者は自分の子供なら仕方ないと理解できるのだが、後者は全く想像できない。

 

もう一つ、同じ作者の漫画を読んだ。こちらはオムニバス形式のものだった。

 

 

初恋限定

初恋限定。 コミック 全4巻完結セット (ジャンプコミックス)

 

少年漫画雑誌に掲載されるギリギリのエロスというのはこの程度かと、30超えた老体にしてみれば思うのだけれど、それでも今の男子中学生は本屋で買うのをためらったり前屈みになったりするのだろうか。エロス目的に読もうとすると若かりし頃に思いをはせて甘酸っぱくなるし、恋愛漫画として読もうとすると、やっぱり甘酸っぱくなる。総括すると酸味強目のスイーツみたいな感じ。

 

少年漫画ではお決まりなのは重々承知なのだが、いい感じになると邪魔が入る、本命とは別のいい感じの異性が現れる、結局セックスしない、女子がやたらと可愛いかったり、エロい。お泊りに、プールにイベントが盛りだくさん。

 

 

感想は全く一緒。