えぶきち学園

いい大人がいい大人とは思えないことをいう

今さら聞けない言葉の意味vol.8「クリスマス」

やってまいりました、話題になっているけど、今さら今さら恥ずかしくて聞けないなあ そんな言葉の意味を皆様にお伝えする、今さら聞けない言葉の意味。 8回目は「クリスマス」です。

クリスマスと聞いて何が思い付きますか? サンタとクロース?それとも田中医(田中が医者ということです)? どれも違いますね。 世間一般では、クリスマスといえばチキンやケーキ。そしてサンタクロースにトナカイといった、不審者を歓迎するイベントのようですが、そもそも隠された意味は違います。

簡単にヒントをだすと、まずクリスマスの前半部分ですね。 これはそう、そのままです。 薬なんです。 つまりあれですね、捕まったりするやつです。 それで、マスというのはあれです。 一人で慰めることですね。

おっ、今回はなんか凄く普通だぞ、意味繋がるよね!

そうなんです、つまりクリスマスはひざの裏だったんですね。

ことわざにもあるように、脇も歩けばひざに当たる。 梱包はただの誤り。 つまり、梱包してしまったのはただの間違いですし、脇が歩いてもひざに当たってしまうんです。

なので、皆様クリスマスときいたら、ひざの心配をしてください。 脇がぶつかってくる可能性がありますのでね。

広告を非表示にする