読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えぶきち学園

いい大人がいい大人とは思えないことをいう

ここが肝心!SEO対策イロハのミ!

今回はみんな大好きSEOです。 猫も杓子もSEOの事ばかり考えて、聖夜を性夜と揶揄してみたり、性の6時間といってみたり。 若者はSEOの事しか考えていないのか!と憤慨しているコアラシです。

まあそんなわけでwebを語る際に外せないのがSEOとなります。 えぶきち学園もブログ形式で授業をお届けしているので、より多くの生徒を獲得する為にはSEO対策を行って、検索に引っ掛けていかなくてはなりません。

今回はえぶきち学園でどんなSEO対策を行っているかに焦点を当てていきます。 題して「ここが肝心!SEO対策イロハのミ!」です。 そんな訳で大きく3つの観点でえぶきちオリジナルSEO対策を解説していきます。

1. SEO対策の解説コンテンツを作る

これは反則技となりますが、まさに今回の記事です。 やっぱりみんなSEOに興味があるので、すぐに検索しちゃいます。 なんというかうまく例えられるかわかりませんが、例えると「茄子がコンビニで立ち読みしている」といった感じでしょうか。 焼いて醤油をつけると美味しい茄子が知識まで身につけてしまったらどうなるか。 最強ですよね。 つまり、SEO対策のコンテンツはブロガーにとって最強の記事なんですね。 はい、次。

2. 注目ワードに対して為になる解説コンテンツを作る

これは私自身が実践している事ですが、言葉の意味シリーズです。 あのシリーズに関してはホットワードを素早くキャッチアップして、丁寧な解説を心がけています。 やはりホットワードは検索かけている人が多いですから、それに対してわかりやすく為になる解説を書く事によって、「ああ、このブログは安心だ。また知らない言葉を解説して貰いたい」と思わせる事が可能です。 これにより、検索からオーガニックユーザの流入とユニークユーザの二つを一気に獲得することができます。 まさに一石二鳥ならぬ、一記事ウヒョウですね。 はい、次。

3. ナウなワードで検索ヤングを狙う

これはキムラの記事になりますが、なんと堂々の一位。 凄いですよね、一位ですよ。 二位ではダメなんですねねやっぱり。 大体のヤングが「スーパーエステカリペロ」で検索はすると思います。 私も若かりし頃を思い出すと、ああそういえば検索していたなあと感慨深くなりますし。 若いといえば若乃花ですが、彼はかなりの巨漢でしたね。 やはり相撲取りというのは相撲をとる為に太らなくてはいけないのでしょう。 というわけで、こういった他の人が検索していそうだけど、あまり他人が取り扱っていない記事をターゲットにするのは非常に効果があるよという例でした。

さて、こんな詳しく解説しちゃっていいのかという程SEO対策について解説してしまいましたが、いかがでしたでしょうか。 おお!これならすぐに導入できるじゃん!という記事を心がけたつもりです。 それでは皆さま、今度は言葉の意味でお会いしましょう。 シーユーネクスト減肥茶〜〜!

広告を非表示にする