読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えぶきち学園

いい大人がいい大人とは思えないことをいう

観たつもり映画レビューvol.2「ピンクとグレー」(ネタバレなし妄想あり)

久しぶりに映画について書こうと思う。今回観たつもりなのは「ピンクとグレー」という話題のエロチックヒューマンドラマである。先日起きた痛ましいバス事故によって宮藤官九郎監督作品「TOO YOUNG TO DIE!」が公開延期ということでこの映画に決まった。

ピンクとグレー

pinkgrapefruit

ジャニーズの人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキが2012年に発表した処女小説を、「世界の中心で、愛をさけぶ」「北の零年」の行定勲監督が映画化。脚本を担当する若手劇作家・蓬莱竜太と行定監督が原作を大胆にアレンジして再構成し、小説では明かされなかったエピソードも描く。人気俳優の白木蓮吾が急逝した。自殺か他殺かも判明しない中、彼の少年時代からの親友で死の瞬間にも立ち会った売れない俳優・河田大貴に世間の注目が集まるが……。テレビドラマ「半沢直樹」や「水球ヤンキース」などで俳優としても注目を浴びる「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔が映画初出演にして主演を務め、「そこのみにて光輝く」の菅田将暉、「海街diary」の夏帆、「誰も知らない」の柳楽優弥といった若手実力派が脇を固める。

と映画.comで言っているので、私がいまさら説明するまでもないだろう。今話題沸騰の事務所ジャニーズのメンバーが書いた小説を、今最も旬な事務所ジャニーズのメンバーが主演で映画化した作品である。 内容の方はというと、これがもうエロいんである。まず舞台が架空の都市の繁華街、おそらく歌舞伎町を意識しているんだろう。

夜の街を舞台に繰り広げられる男女の恋の駆け引きと、甘い誘惑、これがピンク。

もう一つのテーマは男同士の友情だったりプライドのぶつかり合いである。これが、グレーの部分だろう。 若手の注目俳優が集まっただけあって、吸い込まれるように観入ってしまった。知っている土地だけに自分もその場にいるような、雰囲気になれる。

甘酸っぱい恋愛を体験していなくても、熱い友情を育んでいなくても、誰もが夢中になれる作品だった。 全く内容がスカスカの感想を並べているので、今回は一切ネタバレの要素がない。というのもちょっとした仕掛けがしてあって、後半「え?!あの人が裏切り?!」と驚くのだが、そこが一番の見所。

スターウオーズのようにネタバレを聞いた上で楽しんでほしいとは言えない作品なので許してほしい。 また、様々な人間模様が織りなすサブストーリーも必見。人の数だけドラマがある、あなたはコンプリートできるだろうか。バトルパートではフィールド上の様々な道具を使ったり、爽快なヒートアクションで敵を圧倒せよ。

美麗な映像、重厚なサウンド、充実のプレイスポットはシリーズ10年の集大成と呼ぶにふさわしいクオリティとこれまで好評だったゲームシステムやバトルスタイルを取り入れることで遊びやすさを追求した自信作。

本日発売である。龍が如く極み乙女。

広告を非表示にする